妊活女子

妊活は男性の協力も必要であるため、妊娠のために禁欲をするという人もいるかも知れません。

過ぎたるは及ばざるが如しという言葉もあるようにあまり我慢をしすぎても意味がありません。

なぜそうなるのかというと、男性の精液は3日でいっぱいになると言われておりそれ以上は古いものから、再度吸収されてしまうことになります。

そのため、妊活のために一週間も二週間も我慢をするということは意味があることではなく、ただ無駄に精子を生産しているということになってしまうのです。

しかし、だからといって無駄撃ちをしていいのかというとそのようなこともなく、妊娠のしづらい時期に無駄に射精をしていて妊娠しやすい時期に空になっているような状態ではやはり意味がありません。

か禁欲をするのであれば妊娠しやすい時期の直前にタイミングを合わせてするようにすると良いでしょう。

何週間も貯める必要はありませんが、直前になって空になるようなことをしても確率は下がってしまいますので、女性とタイミングを合わせて禁欲をしてみると効果的です。

そして、もうひとつ大事なこととしてはただ我慢をすればいいというだけでなく、日頃の生活習慣なども精子の質に影響をあたえるものとなっています。

だから女性ばかりではなく男性も日頃から規則正しい生活をいして元気な精子を作り出すことができるように心がけましょう。

そのうえでタイミングをはかって、精液を貯めておけば妊娠の可能性をアップさせることができます。

 

★妊活には男性の協力も必要

妊娠は一人でできるものではなく、相手の協力が必要なものとなります。

なかなか妊娠ができないと女性にばかり原因があるとされがちです。

妊娠をしない原因が男性側にあるということも珍しくありませんから子供が欲しいと思った時には、パートナー揃って妊活をすることが大事です。

 

妊娠をするうえで女性の役割が重要な事は間違いありませんが、それが全てではありません。

女性に全く問題がなくても、むしろ妊娠をするのに適している女性であっても精子の方に問題があっては妊娠をするようなものではありません。

女性ばかりが必死で妊活をするのではなく男性の方も妊娠しやすい精子を作るために協力する必要があるのです。

 

飲酒や喫煙をすると卵子に悪い影響を与えると言われるように、精子も同様で飲酒や喫煙で悪影響が及ぶことになります。

ですから、本気で子供がほしいと思うのであれば女性と同じようにその期間は飲酒喫煙を避けるようにしましょう。

それを我慢できないと思う人もいるかも知れませんが、女性の場合には妊娠をすればそこから長い間飲酒喫煙をすることができないわけです。

妊娠をするまでの僅かな期間我慢をすることぐらい大変なことではありませんので、それぐらいの協力はするようにしましょう。

 

また、飲酒喫煙だけでなく別の部分での日頃の生活習慣も重要となってきます。

規則正しい生活を心がけるようにして、食事もバランスの取れたものを好き嫌いなく食べるようにして元気な精子を作ることができるようにすることが大切です。

 

★男性の妊活ならばマカを使ってみよう

妊活は女性だけではなく、男性も行う必要があります。

様々な栄養素を利用するとよいですが、手軽に始められるものとしてマカが最適といえます。

マカには、多くの栄養素が入っており血流を改善したり生殖機能向上に役立ちます。

もちろん、健康にもいいものですので毎日利用しても問題ないです。

妊活をするうえで重要になるのが、精子です。

弱っている精子しかなければ、妊娠しにくくなるのは当然のことです。

精子をよくするならば、健康状態をよくしておくことは必須です。

男性も妊活を行うことで、妊娠する確率を上げることが可能です。

ただし、過剰に摂取しないようにすることです。

健康に良いものとはいえ、必要以上に飲んでしまうと体に負担をかけてしまいます。

体調が悪くなったら、早めに医師に相談しておくことを忘れてはいけません。

体に必要な成分を補給すれば、生殖機能がよくなりますが、妊活には個人差があります。

肉体面をよくするだけではなく、精神的なこともふくめてきちんと話し合っておくとよいです。

男性も参加させるためには、手軽にできる方法が有効です。

まずはマカを毎日摂取するところから始めていけばいいです。

現在では、健康食品にもなっていますので毎日用意すること自体は難しくありません。

食事内容を改善していき、徐々に生活習慣そのものをよくしていけば妊娠しやすい環境になります。

ただし、焦ってはいけません。

急に生活状態が変われば、ストレスになってしまいますので少しずつ変えていくことが必要です。

 

◆こちらのサイトも参考になります

子育てハック

葉酸サプリおすすめ特集.com

ココマガ