妊活の際には男性にも葉酸は必要です

妊活中の男性

妊活を行っている女性は、葉酸を摂取することを勧められています。

それは妊娠期にこの物質が欠乏してしまうと無脳児の発生のリスクが高まると言われているからです。

そのため厚生労働省も妊娠を計画している女性に対して毎日ある程度の量の摂取を推奨しています。

しかし、これは女性に限った話ではありません。

なんと男性も女性ほどの量ではありませんが、この栄養素の摂取が必要なのです。

そもそもこの物質は、細胞分裂のために必要な栄養素であり、摂取することによって染色体異常を抑えることができます。

すなわち、精子の染色体異常を回避することが出来るのです。

もともと健康な男子の精子でも数パーセントほどの染色体異常が見られます。

染色体異常のある精子では受精は不可能です(不妊夫婦の30パーセント近くが男性不妊が原因となっています)。

 

よって染色体異常を抑えることにより、正常な精子を増やし、受精の可能性を高くすることに繋がります。

また、男性側の葉酸不足が原因で胎児の奇形の一種である『神経管閉鎖障害』が発生することもあるのです。

このように、妊活を行う際には、男女とも葉酸の摂取が必要となります。

レバーや緑黄色野菜、果物に多く含まれている栄養素ですので、なるべくこのような食品を摂るように心がけることが大事です。

また、サプリメントもありますのでこれを利用することも摂取手段のひとつです。

もちろん、過度の摂取は逆に健康を害する場合がありますので適度な摂取が必要です。