愛のある夫婦生活で妊活ライフを

妊活夫婦

意志を持って子供を授かる、その為に妊娠について知識を学んだり、自分の身体の検査をしたり現状を把握したり、妊娠に対して前向きな活動をすることを妊活と言います。

子供は欲しいときに自然と授かると思われがちですが、実際は妊娠を望んでいてもなかなか授からないという女性が少なくないのが現状です。

排卵や妊娠のための女性ホルモン、エストロゲンは35歳を期に減り始めていく為、それ以降は妊娠しにくくなってしまったり流産の可能性が高くなってしまうとも言われています。

もちろん35歳を超えて自然妊娠をする方はたくさんいらっしゃいますし、40代で妊娠される方もいます。

妊娠しやすい身体であるかには個人差があり、子供が欲しいと思ったタイミングですぐに妊娠出来るよう生活を見直す方も増えています。

妊活は自分の身体を知ることも大切ですが、愛情のある夫婦生活を営むことも必須条件です。

 

愛情のない夫婦は、妊娠、出産にも悪影響であると言われています。

何故ならお互い、相手に対しストレスを感じてしまうと、ホルモンバランスが崩れ、妊娠しにくくなってしまう要因の一つになってしまうかもしれないからです。

愛情を持った夫婦であれば、万一不妊治療が始まりなかなか結果が出なかった時も、苦しみを二人で分かち合い前向きに考えていくことも出来ます。

めでたく子供が生まれても、夫婦に愛情がなければ必然的に子供に愛情が注がれることはありません。

愛のある夫婦生活は、妊活だけではなく今後の二人の人生にも大きく影響があるのです。